ひのさん - hinosan.com

大分県玖珠郡九重町に暮らす日野さんのお米や野菜を直送する小さなお店です。


商品の紹介 ひのさんの紹介 ご注文 ご購入方法 ひのさん日記
Entry: main  << >>
新米まつり、終了〜
昨日は、別府の顔、別府タワーの1階にあるクレオールカフェで「新米まつり」へ出かけてきました。クレオールカフェは、天井が高くて、白をベースにしたちょっとレトロな感じの店内がとても素敵なお店です。


なんと!現在、クレオールで提供されている白/玄米は、ひのさん米〜

さて、今回の新米まつり。この秋に収穫した「ひとめぼれ」と古代米(もち米)のご披露とともに、ぜひとも、土鍋で炊いたお米を食べていただこう、と企画したもの。前回のひのさん食堂に続き、今回も畑で採れた旬の食材をつかって、今度は和のテイストで。

と、今回のメニューは・・・

・新米(黒小豆&古代米入り玄米か、白米)
  土鍋は、伊賀焼きの長谷園「かまどさん」を使いました。

・大浦牛蒡、里芋チップスと人参葉っぱの素揚げ

直径10cmぐらいに成長した大浦牛蒡は、力強い。

小鹿田焼きプレートに盛りつけたのに・・・しまった!また、写真撮り忘れた!

・のらぼう菜のごま和え
  関東地方の在来種野菜を炒ったゴマと合えました。
・干し椎茸の南蛮漬け
  戻した干し椎茸と白長茄子を揚げして酢と醤油で漬けたもの
・好評だった大根もち
  大根おろしに地粉、桜えび、ネギを入れてなたね油で揚げました。
・タコとディルのサラダ
  大根と玉ねぎ、タコをオリーブオイル、塩、カボス、ディルで味付け。
・豆入りキャロットラペ
  収穫したての色々豆を蒸して、それを柿と黒田五寸人参混ぜたもの。オリーブオイル、白ワインビネガー、塩、こしょう、オレガノで。

・自家製味噌汁と漬け物

去年作った九重町の無農薬大豆を使って寝かせた麦味噌。心からしみる味です。
ドットの小鹿田焼に盛られた漬物は、赤大根を醤油とカボスで一晩漬けました。

・古代米黒焼茶

一番苦戦した仕込み…。籾付きの赤と黒米を土鍋で炒って作る黒焼茶。
常に混ぜていないと、こげてしまいます。トータル15時間ほど。うっすらとしたお茶ですが、香ばしくて美味しかったです。

・緑米の団子入り栗ぜんざい
  緑米の米粉を水と混ぜて茹でた団子とこの秋に拾った栗を蒸したものを入れました。小豆は、去年の自家採取の種でつくった無農薬の黒小豆。小豆の味を引き出したくて、ぐぐぐっと甘みを抑えました。ちょっと物足りなかったかな・・・

今回は、筑後で食べた精進料理に刺激を受けまして。筑後で拾った柿の葉、ちょっと意外性のある食べ物も興味深いと思い、里芋や人参葉っぱの素揚げ、出来る限り盛りつけも鮮やかにしてみました。やっぱり、見た目ってテイストの一部。美しい日田の小鹿田焼のおかげで、ちょっとオシャレに仕上がりました!

13人のお客様に来店いただきました。新鮮な野菜、今しか食べられない旬の野菜、全てこの日のために考えた一日限定ランチ。野菜メインのシンプルな野菜プレートは、砂糖を使わず「しすせそ」をベースにして、野菜も十分なおかずになる、と信じて。美しく味わって(美味しく)いただけたら嬉しく思います。みなさん、オーナーの俊大くん、ありがとうございました!
| hinosan | 23:53 | comments(0) | - | - |
Comment








このページのトップへ戻る


Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Feed

Others