ひのさん - hinosan.com

大分県玖珠郡九重町に暮らす日野さんのお米や野菜を直送する小さなお店です。


商品の紹介 ひのさんの紹介 ご注文 ご購入方法 ひのさん日記
Page: 1/35   >>
タネのおはなし by ジモコロ
タネについて、とても興味深い対談です。
なかなかうまく伝えられないタネのこと。
野口種苗の野口さんが対談しています。

ぜひ、読んでみてください。
ジモコロ:読むと後戻りできない「タネ」の話
| hinosan | 16:17 | comments(0) | - | - |
鉄輪の蒸士茶楼さんにて6/13
いつも、固定種野菜をご利用いただいている別府市鉄輪の「蒸士茶楼」さんで、6月に料理教室を開催します!



日時:6月13日(水) 11:30〜14:00
定員:12名
料金:2,500円(資料、ミニランチ付き)
準備するもの:エプロン・筆記用具

鉄輪では、6月4日をムシの日、とし、6月30日まで色々な催しが開催されます。その中での料理教室の開催です。今回は、参加者に限りがありますので、野菜の蒸し料理についてご興味ある方は、ぜひぜひ、ご予約くださいませ。

予約先: 0977-85-7775

ひのさんからは、葉物野菜はもちろん、豆も、今回は、鉄輪の地獄蒸しを試して試食します。前田さんに出会ってから、ひのさん自身も、野菜は50度洗いする習慣が当たり前になっています。そのやり方も、簡単なので、ぜひ一度参加されてみてください!
| hinosan | 17:34 | comments(0) | - | - |
5/9 タネのお話会@天神
久しぶりのタネのお話会。
今年は、県外で初めての開催となります。




たねの里「Noya Village」では、福岡を拠点に移住者を対象とした活動を展開する「福岡移住計画」とともに、シェアオフィス兼イベントスペース「HOOD」にて年に4回、季節ごとにお話会を開催します。

当日は、タネのお話はもちろん、季節の固定種野菜の試食会、のやのお茶飲み、などがあります。
どうぞ、お楽しみに!

ご参加に関するお問い合わせは、 info@noya-village.com までお知らせください。
| hinosan | 10:04 | comments(0) | - | - |
のやサポーター農業&田舎体験
ひのさんが、農業を営む「野矢」という地域の中で、去年から始めた「Noya Village」プロジェクト。昨年は、地域の方々に、固定種野菜を各家で育ててもらう活動を行なって、村に種を残す活動を行なっていました。

今年は、地域の方々に加え、固定種野菜や農業、田舎に興味を持ってくださる方を対象に、田舎や農業体験が体験できる「のやサポーター」を始めます!

年々、食、に対する法律や農業環境が、どんどん変化していく中、やはり、食は買うものではなく、作るものだ、というのを強く感じ始めています。いつか、食べたいものが食べれなく時代が来る。それは、すでに、特定の野菜においては、現実なものになっている気がしています。

農業、という硬い活動ではなく、自分の自給率を上げていく、という身近な活動のために、少しでも、そのノウハウを学んでおくことは、大変大切だと感じます。

毎月変わる体験と田舎メニューです。
ご興味ある方、ぜひ、一度のぞいてみてください。
ひのさんが集めた種も、野矢の耕作放棄地を使ったのやサポーターの畑で蒔かれます。

のやサポーター

| hinosan | 10:28 | comments(0) | - | - |
今日から4月へ
4月になり、ここ九重町で、桜が開花するとは・・・
今年も、米や夏野菜の苗作りが始まりましたが、桜がとても早くて驚いています。

そして、天気に加え、何かオカシイのが、雨。。もう10日以上降っていない気がします。。例年は、冬から春にかけて降る雨ごとに、温度もあがり、体も季節を感じていたのに、突如、冬から夏になったような気分です。

が、そんな不安を解消してくれるのが、いま一番美味しい旬の、原木椎茸、です。



マイナス10度にも及ぶ厳しい冬の中、何度も凍りは溶け、成長して大きくなった原木椎茸は、冬の寒さを体感した分だけ、香りや食感が豊かになります。一番おすすめの食べ方が、シンプルに塩蒸しして、大根おろしとあえる食べ方です。

日本には素晴らしい四季があります。オールシーズン、いつでも何でも食べられるようになった日本では、本当の旬を忘れがちになります。特に古来から日本に存在する、その季節にしか育たない山菜は、栄養分も高く、何より旨味が感じられます。

いまは、季節の変わり目。冬野菜にとっては、種を残す時期、そして、山菜が新しく芽を出す季節です。そのため、この時期は、どうしても野菜が少なくなりますが、ひと昔前は、新しく芽を出す、山菜、が貴重な食材でした。いまは、ふきのとう、や、ツクシ、ヨモギ、ノビル、など、これからは、タケノコやたらの芽が出てきます。ニラを始め、この季節ならではの香りが、冷えた体を目覚めさせてくれます・・・

ひのさんは、今期も、この季節に感謝し、露地で育つ固定種野菜や在来米を育て、季節と食を通じ、多くの人に食の幸せを感じて欲しいと感じます。今年は、Noya Villageで農園体験も始めます!どうぞ、お楽しみに!
| hinosan | 22:21 | comments(0) | - | - |
旧正月
今年も無事に旧正月を迎えることができました。

やはり2月に迎える旧正月。旧暦には関心させられますが、今年の冬、やっとこの時期になって、春を感じることができます。今こそが、「新春」ですね。でも、まだまだ雪がぱらつく九重町です。。

さて。旧正月を迎えると、一気に気持ちが忙しくなります。早くも、始まった夏野菜の種まき。まずは、去年できた茄子から採取した種を浸水させたあと、種まきをし、ようやく芽が出て来たところです。




青なすや、山科なす、賀茂茄子などなど。勢いよく出る種と、そうでない種と、よく発芽状況がわかります。茄子は、移植できるほどの苗に発育するまで、何ヶ月もかかります。これから、温度管理をしっかりして、大切に育てる時期に入りました。

茄子に続いて、今度はトマト。神経を使う作業ですが、芽が日に日に出てくるので、とても嬉しくなるのも、この季節ならではです。

今年は、昨年に続き、Noya Villageで多くの固定種野菜を作るため、苗もよりたくさん増やす予定です。多くの方に、固定種野菜を知って食べていただきたい。そんな思いで、今年も、頑張っていきます!
| hinosan | 23:10 | comments(0) | - | - |
マクロビオティック料理教室終了しました
久しぶりの花さんとのイベントが終了しました。
今回は、ひのさん、ではなく、私たちが野菜作りを行う「野矢」という村づくりの一環で活動している「Noya Village」としてイベントを開催させていただきました。ひのさん、に加え、近所のおばちゃんやおじちゃん達の作ったお野菜。今年は、寒さがひどかったため、一旦12月に収穫して土に植えていたものを掘り出して、参加しました!

今回利用したお野菜は、菊芋、黒田五寸人参、里芋(日田1号)、宮重大根、女山大根です。花さんのアレンジとマクロビオティックの手法により、野菜のエネルギーを保持したまま、野菜を楽しむことができました。



参加者の皆さん、真剣に聞き入ってらっしゃいました!


本日のスペシャル固定種ランチプレート。全て素の味を感じる優しい味でした!

ご参加いただいた皆さま、Life Gallery 花の郁子さん。ありがとうございました!

| hinosan | 23:04 | comments(0) | - | - |

このページのトップへ戻る


Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Feed

Others